わんく2期生募集中!シェアハウスの設備などについて紹介するよ!

2018/10/27


はじめまして!わんく2期生の募集記事をご覧頂きましてありがとうございます。

NPO法人ひとまき拠点運営部長の大堀 幹生(おおほり みきお)と申します。

 

「わんく」は高知県の本山町という場所にあるシェアハウスで、現在2018年12月より入居する2期生の募集をしています。

 

手前味噌なんですが、この「わんく」、とても良いシェアハウスなんですよ〜!

 

2017年12月に完成した新築のシェアハウスでとても綺麗なだけでなく、「暮らして学ぶシェアハウス」というコンセプトのもと色々なプログラムが組まれているんです!

 

今回はそんな「シェアハウスわんく2期生募集」の設備に関して詳しく紹介させて頂きますね!

 

目次

コワーキング&リビングスペース

中に入ると木の良い香りを感じられる、落ち着いた空間が広がっています。

木材の良さをそのまま活かしたログハウスのような建物ですね!

 

家具は大きなテーブルが1つ、小さなテーブルが4つ、間接照明が2つ、ハンモックが1つ、ホワイトボードが1つ、ソファーセットが1つ、椅子は20脚ほどがあります。

 

レイアウトに関しては変更可能なので2期生のみんなで話し合って決めたいですね!

 


リビングスペースから外を覗くとこんな感じ。

大きな窓から柔らかな光が差し込んできて、最高に気持ちいいですよ!

 

外にあるウッドデッキは皆で作りました!

天気の良い日はBBQをしたり、外にテーブルを出して作業したり、ハンモックを持ち出して昼寝したり・・・。のびのび使ってますね!

 

来客の際にはよくBBQをやります。

 

住人同士でも「今日BBQやろうぜ〜」といったノリで手軽にできちゃいますね!

 

水回り(台所・キッチン・お風呂・トイレ)


わんくのキッチンはカウンターキッチンになっています!

イベントの時には皆でワイワイ料理しながら盛り上がれますし、普段の料理でも住人同士コミュニケーションを取りながら進められるのが魅力です。

 

キッチン側から見るとこんな感じ。

目の前だけでなく横の壁もないので開放感があります。

 

コンロはIHが3口と魚焼きグリルも付いています!サッと拭くだけで掃除ができるので地味に便利なんですよね〜!

 

「ここも開くの!?」ってくらいに、食器を収納する棚がたくさんあるので、散らからずに保って置けるのも◎

 

洗面・脱衣所はこんな感じ。

もちろん鍵がかかりますし、洗台も洗濯機も2つあるので男女で分けるなんて使い方もできます!

 


こちらはお風呂とお手洗い。

 

お風呂は自動給湯&浴室乾燥が付いています。

お手洗いはウォシュレット付きで1Fと2Fに1つずつ。

住居部分(2F)


こちらは1期生のCOKOさんのお部屋。

2Fは個室が4つあって住居スペースとなっています。

6床の個室にはしごで上がるロフトスペースも完備。

ロフトは物置的に使えば下のスペースを広く使えますね!

 

全室に窓が付いており開放的です。(角部屋は窓2つ、それ以外は窓1つ)

1F同様木の温もりが感じられる癒しの空間となっています。

募集期間

2018年9月12日〜2018年10月21日

こちらの期間で応募をお願いします。

募集定員

4名(男女2名ずつ)

※申し込みが定員を超えましたら、選考を行います。

入居期間

2018年12月1日〜2019年11月30日(1年間)

※入居前にこちらに来ていただく対応もできるように調整しております。面談の際、詳しく連絡させていただきます!

※1年間のプログラムですがm¥、1期生は帰省や旅行などで長期的に外での学びも得ていましたよ!

家賃(プログラム参加費)

50,000円/月(内訳:家賃35,000円、水光熱通信費10,000円、共益費5,000円)

こちらに加えて食費などの費用はもちろん自己負担になります。

こんな人にオススメ

・進路に悩んでいる人

・都会の暮らしに疲れた人

・高知県(れいほく地域)へ移住を検討している人

・何か新しい挑戦をしてみたい人

・新しい環境で再起したいと考えている人

 

申し込み〜入居までの流れ

申し込み

わんく第2期生へ申し込む
※申し込み受付後、3営業日以内には受付の返信をいたします。その際に、今後の具体的な流れについて説明をさせていただきます。

 

 

 

“生き方が多様化する時代”に田舎シェアハウスは人々の受け皿になる

好きなことで生きていく選択をした。作詞・作曲家『寺西心』のわんくでの1年間

【募集開始!】高知県の山間部で1年間の共同生活ができるシェアハウス「わんく」の第2期生