マキワリプログラム

「何度でも生き方を選べる世の中へ」


あなたは自分の暮らし方や働き方を、自分自身で選択できていますか?
自分の生き方に納得できていますか?

変化が激しく、さまざまな情報が溢れる現代を生きていくためには
「自分らしい生き方とはなにか?」という問いに向き合い
主体的に自分を探すことができる時間や居場所が必要です。

そこで我々は、学校や会社や家庭でもない受け皿を用意するために
自分らしい生き方を探したり実践するためのプログラムを提供しています。

プログラムについて

マキワリプログラムは約1週間の短期滞在型プログラムです。
全国から集まる参加者やスタッフとの対話・様々なワークを通じて自分を見つめ直し、
自分らしい生き方を見つけるためのプログラムです。


プログラムはこのような方を対象にしています。

大切にしている4つのこと

01

自己理解を深める時間

「自分を見つめ直す環境や時間がない」という方は多いのではないでしょうか?
自己理解を深めるためには、まずゆっくりと自分と向き合う時間をつくる事が大切です。
プログラムを行う自然に囲まれた環境では、人混みや街の騒音もなく、ゆったりとした時間を得る事ができます。

02

否定されない環境

「これがしたい。」「こうありたい。」「こんな生き方がしたい。」
自分の素直な想いを言葉にすると、親や友達、周囲の人から「それは無理だ。」と否定的な言葉をかけられてしまうことはありませんか?

このプログラムでは、そんな主体的な行動を無責任に否定しない環境づくりを大切にしています。

03

多様な生き方との出会い

人との出会いは、自分の価値観をより良い方向へ変化させてくれることがあります。

このプログラムでは、多様な働き方や暮らし方との出会いを作ることを大切にしており、ここでの出会いを自分らしい生き方を見つける参考にしてほしいと考えています。

04

ただいまが言える場所

1週間滞在するシェアハウスでは、同じような想いを持って集まったメンバーや シェアハウスの住人、スタッフと暮らしを共にします。

家族のように食卓を囲んだり、何気ない会話を楽しんだり、そんな日々で生まれた利害関係のない繋がりはあなたがまた「ただいまを言える居場所」をつくります。

プログラム内容



7日間のうち約半分は内容が定まっており、自己理解を深めたり、自分らしい生き方を発見するためのワークショップなどを行います。
もう半分はプログラムを内容を定めておらず、参加者がこの場所で過ごす中で実践したいと思ったことや、季節に合わせたコンテンツを行なっています。

参加者の声

滞在までの流れ

よくある質問

申し込みフォーム